オペ室看護師を目指すなら転職サイトを活用しよう

オペ室勤務の看護師コミュニティ

意外と知らない手術室看護師の仕事とやりがいをご紹介します

About me

about me 手術室看護師と呼ばれることが多いですが、その勤務の内容はあまりよく知られていません。私自身も配属されて5年ですが、最近ようやく仕事の流れを覚え、一人前の仕事ができるようになってきたところです。仕事は文字通り手術の現場に関わる仕事で看護師の知識プラス手術のテクニカルな知識や経験を要求されます。緊張感とタフさが求められるやりがいのある仕事です。キャリアアップを目指す看護師のために私の経験と知識をご紹介します。
このサイトのお問い合わせはこちらまでお願いします。sc_asso_peace@YAHOO.CO.JP

転職サイトを利用しよう

オペ室勤務の看護師になりたいと思っても、今勤務している病院に手術室がない場合は実現不可能です、そんな場合は手術室のある総合病院等へ転職を考えるが最善の方法です。総合病院には手術室だけでなく、内科や外科、産婦人科、小児科、眼科などさまざまな診療科があり、入院施設が整っています。看護師として将来のビジョンがあいまいな人も総合病院ならさまざまな選択肢があるので、いろいろと経験しながらスキルアップすることができます。 転職サイトを利用しよう

転職先探しをするときのポイント

まず転職サイトに登録することをオススメします。看護師専門の転職サイトを利用することで、転職をスムーズに進めましょう。とは言え、転職サイトを利用する際に以下のポイントについて予め考えをまとめておきましょう。
総合病院を選ぶ際のポイントとしては、まず勤務体制が重要です。交代勤務は2交代制がいいのか3交代制がいいのか考えておきましょう。
次に給料や休日などの待遇や勤務環境です。お給料はどのくらいの額が希望か? 休日は年間どのくらいあるのか? 残業は多いのか? 夏季休暇や有給休暇は取れるのか? 子供がいる人は託児所があるのか? など考えをまとめ、気になることはチェックしましょう。
教育や研修体制も確認すべきポイントです。キャリアアップを目指している人は、院内での研修制度などの教育体制が整っているかも重要です。
さらに、その病院がどの診療科を得意としているのか、調べておくことも必要です。自分が興味のある分野が得意な病院へ行く方が、それだけで自分のスキルアップに繋がります。

手術室看護師のQ&A

手術室看護師を目指して転職をしようと考えて、転職サイトに登録をしても、多少の不安はあるものです。実際の仕事内容は自分に合うのだろうか?と。一般的な疑問を簡単なQ&Aでご紹介します。
・仕事は楽ですか?辛いですか?
勉強しなければいけないことも多く、最新の医療技術にも触れることができるので、キャリアアップを目指す看護師にとってはスキルアップに繋がる職場でしょう。また、日勤のみで働ける職場も多いので、子供がいる看護師なども多いようです。ただ、手術中は立ちっぱなしになるので体力が必要ですし、健康管理に気を配ることが必要です。
・どんな求人を選べばいいの?
どのような病院でどのようなことを任されるのか、良く調べることが必要です。周術期の管理を強化する目的から急性病棟のナースが手術を担当する病院もありますし、中小規模の病院などでは外来と兼務の場合もあるようです。診療科目や手術件数、オンコールの有無などによっても仕事内容や忙しさなどが異なってきます。自分がどのような働き方をしたいのか、よく考えながら募集内容を検討することが大切です。
・向いている人は?向いていない人は?
状況判断を迅速に冷静にできる能力がある、緊張感のある場面で的確に業務に取り組める、医師や患者とコミュニケーションがとれる、向上心や向学心が高い、といった人が向いている人と言えるでしょう。一方、患者さんとの「ふれあい」を大切に考えている看護師はあまり向いていないかもしれません。

オペ室勤務の看護師におすすめするトピックス