オペ室で働く看護師のお給料

オペ室勤務の看護師コミュニティ

意外と知らない手術室看護師の仕事とやりがいをご紹介します

About me

about me 手術室看護師と呼ばれることが多いですが、その勤務の内容はあまりよく知られていません。私自身も配属されて5年ですが、最近ようやく仕事の流れを覚え、一人前の仕事ができるようになってきたところです。仕事は文字通り手術の現場に関わる仕事で看護師の知識プラス手術のテクニカルな知識や経験を要求されます。緊張感とタフさが求められるやりがいのある仕事です。キャリアアップを目指す看護師のために私の経験と知識をご紹介します。
このサイトのお問い合わせはこちらまでお願いします。sc_asso_peace@YAHOO.CO.JP

気になるお給料は?

手術室で働く看護師と言えば、高いスキルに豊富な経験、タフな精神力に体力もあってその仕事ぶりは看護師の憧れの姿とも言えます。そんな手術室看護師となるとお給料や年収も高いのだろうなというイメージがあると思いますが実際はどうなのでしょうか。 気になるお給料は?

手術室看護師のお給料は?

予想に反して、一般的には手術室看護師は病棟勤務よりもお給料が少ないと言われているのです。手術室で働く看護師は基本的には夜勤がありませんので、その分お給料が少なくなるようなのです。ただ、救急の患者を受け入れるような大きな病院では手術室でも夜勤はあります。
緊急時の呼び出しのため、自宅待機しなくてはいけないので「待機料」や「危険手当」などの手当の支給もあります。この場合は病棟勤務の看護師よりもお給料が多くなる場合もありそうです。「待機料」は、病院によって違いますが、目安としては1回数千円程度のようです。

平均的な給料の例

【手術室看護師の給料・年収】 夜勤ありの場合→給料:31万円程度、年収:480万円程度
夜勤なしの場合→給料:27万円程度、年収:430万円程度
【看護師全般の給料・年収】
看護師全般→給料:30万円程度、年収:470万円程度
上記金額はあくまで平均的な金額であり、都市部や地方、病院の経営状態や経営者の方針などによっても違ってきますので、参考程度にしてくださいね。
ただ、このように平均給料や年収を見るとそれほど高いわけではないことが分かります。収入をアップさせたくて、手術室への異動を希望した場合はガッカリする結果になるかもしれません。それよりも、手術室での勤務の魅力は「やりがい」や「ステータス」にあるようです。

手術室看護師の勤務体系は?

救急の患者を受け入れる大きな病院以外では基本的に日勤のみで夜勤がありません。ただ、勤務時間外や休日でも緊急手術に対応しなければならない「オンコール体制」があります。それでも夜勤がない分、規則正しい生活を送ることができます。
勤務体系としては平日の昼間がオペ室勤務となり、そのほかは急患時の待機番として病院内に当直として待機するか、自宅待機のオンコール待機となります。呼び出されると、「待機料+時給」が出ますし、呼び出しがなくても待機料はもらえます。待機時は何もないことが多いですが、それでもいつ呼び出されるか分からない緊張感はありますので全くフリーというわけではありません。自分のライフスタイルを良く考えることが必要ですね。

オペ室勤務の看護師におすすめするトピックス