オペ室で働く看護師のやりがい

オペ室勤務の看護師コミュニティ

意外と知らない手術室看護師の仕事とやりがいをご紹介します

About me

about me 手術室看護師と呼ばれることが多いですが、その勤務の内容はあまりよく知られていません。私自身も配属されて5年ですが、最近ようやく仕事の流れを覚え、一人前の仕事ができるようになってきたところです。仕事は文字通り手術の現場に関わる仕事で看護師の知識プラス手術のテクニカルな知識や経験を要求されます。緊張感とタフさが求められるやりがいのある仕事です。キャリアアップを目指す看護師のために私の経験と知識をご紹介します。
このサイトのお問い合わせはこちらまでお願いします。sc_asso_peace@YAHOO.CO.JP

やりがいは達成感の高さ

手術室看護師のやりがいとはなんでしょうか?覚えることも多く、精神的にも肉体的にもタフさを求められて、仕事も過酷で勤務形態によってはプライベートの時間でも常に緊急時に備えていなければいけません。それでも手術室看護師を続けていく、あるいは目指していく理由はなんでしょうか? やりがいは達成感の高さ

仕事における達成感

まずあげられるのが、達成感が大きいということでしょう。難易度の高い手術であればあるほど、医師だけでなく、看護師の緊張感も高まり、自分にまかされた仕事を完璧にこなそうと努めます。自分の仕事を完璧にこなすことができて、手術も成功すると高いレベルの達成感を味わうことができるでしょう。
次に手術後の患者や家族の安心した顔を見られることも、やりがいの一つと言えるでしょう。患者さんやその家族からすると、難易度に関わらず手術を受けるということは緊張や不安感でいっぱいになるものです。担当看護師は術前から術中、術後と一貫して患者さんやその家族をフォローを行います。不安いっぱいだった患者さんやその家族が無事に手術が成功した後にホッとした表情を浮かべるのを見ると、やりがいのある仕事だなと感じることができるようです。

チームで仕事をやり遂げる一体感

他にも、手術室で働く看護師たちは、「医師や看護師、スタッフがチームで働ける」「厳しい面もあるが、手術室での緊張感がいい」「自分の能力を十二分に発揮できる仕事だ」などのやりがいを感じているようです。これは、看護師としての技術と経験を存分に活かし、チームワークで手術を成功させるという手術室ならではの部署にやりがいを感じているということでしょう。

スキルアップを実感

手術を通して医師と連携ができる、手術そのものに興味がある、自分がスキルアップしているのを感じることができる、医師から頼られることもあり、看護師として仕事に意欲が湧く、生命の大切さを日々実感するなどと感じている看護師もいるようです。
手術を受ける患者さんやその家族をサポートするということにおいて、看護師としてやりがいを感じられる仕事であることは間違いがないようです。手術室看護師の仕事は人間関係の難しさやミスの許されない緊張感などがあり、看護師だからといって誰もが適しているとは言えない仕事です。タフな精神力や豊富な経験や知識、そしてなによりも体力が求められる仕事です。安易な気持ちでチャレンジすると、挫折してしまう人も少なくありません。
ただ、やりがいという点においては、高いレベルでの充足感を味わうことができます。大変な状況を乗り越え、成し遂げたときの達成感もとても大きいものです。看護師として更なるスキルアップやキャリアアップをするなら、最適の職場と言えるでしょう。

オペ室勤務の看護師におすすめするトピックス