手術室で活躍する看護師の仕事とは?

オペ室勤務の看護師コミュニティ

意外と知らない手術室看護師の仕事とやりがいをご紹介します

About me

about me 手術室看護師と呼ばれることが多いですが、その勤務の内容はあまりよく知られていません。私自身も配属されて5年ですが、最近ようやく仕事の流れを覚え、一人前の仕事ができるようになってきたところです。仕事は文字通り手術の現場に関わる仕事で看護師の知識プラス手術のテクニカルな知識や経験を要求されます。緊張感とタフさが求められるやりがいのある仕事です。キャリアアップを目指す看護師のために私の経験と知識をご紹介します。
このサイトのお問い合わせはこちらまでお願いします。sc_asso_peace@YAHOO.CO.JP

オペ室看護師ってどんな仕事?

看護師としてのスキルアップやキャリアップを考えたとき、オペ室看護師として働くという選択肢があります。オペ室看護師は同じ病院で働く看護師であっても、その仕事内容は病棟看護師や外来看護師とかなり異なっていて知らないことが多いようです。そこで、ここではオペ室看護師の仕事内容や役割、悩みややりがいなどをご紹介したいと思います。もちろん、気になるお給料についてもご紹介します。興味のある人はぜひ参考にしてくださいね。

オペ室看護師ってどんな仕事?

オペ室での役割

同じ看護師であっても、働く場所が違えばどんな仕事内容なのか知らないことがあるようです。とくにオペ室(手術室)での看護師の役割は、具体的にイメージしずらいようです。手術室は外来や病棟と比べると少し特殊な場所で外部からはなかなかその内情は見えにくくなります。そこで、手術室で働く看護師がどんな仕事をしてどんな役割をしているのか、ご紹介したいと思います。手術室での仕事に興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

やりがいは達成感の高さ

手術室で働くと、膨大な器械の機能や名称などを覚えるために猛勉強をしなければいけませんし。手術中はどんな小さなミスも許されず、常に緊張感を持って医師の介助をしなければいけません。多くの知識と豊富なスキルが要求されるうえに、部署によってはプライベートもままならず、オンコール体制でいつ呼び出しがかかるか分らず、身体的にも精神的にも疲労がたまりやすい過酷な仕事です。しかし、大変な反面、充実感の大きい仕事でもあるのです。

気になるお給料は?

オペ室看護師として働いてみたいけど、お給料が気になるという人は意外と多いと思います。実は手術室で働く看護師の場合、一般的には病棟勤務よりもお給料が少ないと言われているのです。同じ看護師ならば、噂や情報からこのことを知っていてもおかしくありません。手術室での勤務は更なる勉強をしなければいけない上に知識や経験、タフな精神力や体力など求められ、とても大変そうなのにお給料が少ないなんて、なんだか割に合わない気がしますよね。実際にはどうなのでしょうか?

悩みは覚えることの多さ

看護師としてのキャリアアップを考えたとき、手術室での勤務は一度は経験しておきたいことでしょう。しかし、手術室での仕事は看護師として多くの知識と豊富なスキルが要求されるものです。そんな手術室で働いている看護師はどのような悩みを抱えているのでしょうか?同じ看護師であっても、知ることのない手術室で働くことの悩みや苦労などをご紹介したいと思います。手術室での勤務を考えている看護師の人はぜひ参考にしてくださいね。

オペ室勤務の看護師におすすめするトピックス