オペ室で活躍する手術認定看護師とは?

オペ室勤務の看護師コミュニティ

意外と知らない手術室看護師の仕事とやりがいをご紹介します

About me

about me 手術室看護師と呼ばれることが多いですが、その勤務の内容はあまりよく知られていません。私自身も配属されて5年ですが、最近ようやく仕事の流れを覚え、一人前の仕事ができるようになってきたところです。仕事は文字通り手術の現場に関わる仕事で看護師の知識プラス手術のテクニカルな知識や経験を要求されます。緊張感とタフさが求められるやりがいのある仕事です。キャリアアップを目指す看護師のために私の経験と知識をご紹介します。
このサイトのお問い合わせはこちらまでお願いします。sc_asso_peace@YAHOO.CO.JP

手術認定看護師って何?

オペ室で勤務する手術室看護師にとってのキャリアアップの選択肢として手術認定看護師という資格があります。それはどのような資格でどういう仕事内容なのでしょうか? 手術認定看護師って何?

手術認定看護師とは?

正式名が手術看護認定看護師、通称手術認定看護師とはJNA(日本看護協会)によって、その分野において熟練したスキルと知識を持つ看護師と認定された人のことをいいます。すなわち手術室看護師が、手術に関する医療の看護分野において「術前・術中・術後の周手術期の患者に対して高質の看護ができる」とJNA(日本看護協会)によって認められて与えられる資格となります。要するに手術室看護師のスペシャリストです。

求められるスキルや役割、仕事内容とは?

手術認定看護師は、下記のような看護知識とスキルを有することになります。
・手術侵襲(生体を傷つける)を最小限にし、二次的合併症を予防するための看護業務における安全管理
・体温、体位管理、手術機材や機器などの適切な安全管理など
・周手術期(術前・術中・術後)における継続した看護の実践
たったこれだけかと思うかもしれませんが、手術侵襲や合併症の予防、体温や体位の管理、手術機器の適切な管理、周手術期の看護が意味する内容は広範囲にわたり、手術認定看護師が果たすべき役割と業務は多岐にわたっています。
とくに周手術期の継続看護は手術室看護師に与えられた重要な仕事で、手術認定看護師はその看護スタッフの中心となって高レベルの看護を継続して行なっていく必要があります。多くの患者さんの病状や手術スケジュールを把握したり、患者さんの心理状態を理解して不安感を和らげるケアを行なったり、患者さんの家族などへのサポートも重要な仕事で、管理能力やコミュニケーション能力が求められます。

主な業務とは?

手術認定看護師の具体的な主な業務は術前訪問、術中、術後で下記の内容です。
・術前訪問
手術を受ける患者さんを訪問し、手術に関する患者さんの疑問に対し看護のプロとして正確な情報提供をしたり、誤った知識による患者さんの不安感や緊張を和らげ、穏やかな精神状態で手術に臨めるようにサポートしたり、患者さんの家族に対し手術に関する正しい知識を伝え、ケアを行なったりします。
・術中
手術中の体温や耐圧の測定、体位管理、合併症の予防、手術機器や機材の安全管理などを行います。
・術後
術中看護の評価や看護問題の引き継ぎが継続されているかを確認、患者さんの疑問に対し手術看護のプロとしての立場から正確な知識を提供し、患者さんの家族に対するケアなどを行います。
これらの他に、看護スタッフに対する実践を通した指導を行うことも役割の一つです。普段から勉強会などを開き、知識の提供や質疑応答、相談などに応じながら看護師たちのスキルアップを目指します。

オペ室勤務の看護師におすすめするトピックス